←なぜいま水Do? トップへ

ごみが減る

リサイクルはすすみましたが、ごみは減っていません。まずは、ごみになる使い捨て容器を使わないこと。それによって、資源が節約でき、ごみ処理やリサイクルのコストを減らすことができます。

1997年に「容器包装リサイクル法」が施行されて以来、ペットボトルのリサイクルはすすみました。ところが、小型のペットボトル、温かい飲み物用ペットボトルも登場し、ペットボトルの生産・販売量は、約5倍にも増えました。水やお茶もペットボトルに入って自販機やコンビニに並ぶようになったのは、ここ10年のことです。

使い捨て容器の飲料をやめて水道水を選ぶことで、ごみを減らし、資源を節約することができます。
また、容器包装ごみの回収や処理、リサイクルには、たくさんのコストがかかっています。私たちの税金も使われています。使い捨て容器を減らすことで、社会的なコストを減らすことができます。

ページトップへ